パックマンのナンパブログ

感情と結果、どちらを優先するか

この記事は3分で読めます

■目次

1.完ソロという悪しき習慣
2.求めるものは感情か結果か
3.相手ではなく自分に腹を立てる

 

 

1.完ソロという悪しき習慣

ストリートナンパは完ソロでやることが賞賛されやすい世界です。なぜなら完ソロはつらいからです。

しかし、完ソロでナンパして検証できるのは自分の経験、価値観からのみです。1人でやったら1人分の視点からしか検証できない。合流しても合流するだけで別々にやるのも同様に1人分しか検証できてません。

 

そしてある程度ナンパ歴を重ねると合流相手も決まった人が多くなります。これはナンパだけでなく、社会人もそうかな。新規出会うのはストレスだし、人間関係が限定されてきます。

すると定期的に会う人達分の視点からしか得られません。これは非常に勿体無い。

 

私自身、「あ、レベル上がったな。」と思うことは新規のコンビナンパで気づくことが多かったです。

「こんなやり方あるんだ。」「こういう口説き方があるんだ。」「自分は比較したらこの部分が弱いな。」などなど。

他人の視点が加わるだけで爆発的にナンパ力は上がります。

 

講習なんてその究極です。

ナンパ講習しながら今も講習を受け続けているのにはその辺が理由です。他人の視点を入れたいから。

それも仕事という形でガチで指摘してもらいたいし。

 

2.求めるものは感情か結果か

とはいえコンビナンパやっても相手は他人、自分の理解できない部分があると「もうコンビ組むのはやめよう。」と思うことも多いでしょう。一緒に組んだ方が結果が出る場合でもコンビを解消することが非常に多い。

 

人間は感情で動くので上記みたいな行動も理解できますが、「自分はナンパで何がしたいんだろう。」と考えることが大事です。俺の場合は「芸能人レベルを即り、キープ化すること」です。

なので他人に嫉妬して「もうこいつとコンビ組むのやめるわ。」っつーのは非常に勿体無い。

 

「ストレスかかるなー。」「むかつくわ。」といった負の感情を抑え込んででも結果が優先するべきでないでしょうか。

 

ある程度ナンパ歴を重ねると成長曲線も緩やかになります。

それ以上の成長曲線を描くには「めんどくさい。」「ストレスがかかる。」といったことが多いです。

ナンパは楽しいのがベストです。ですが、(少なくとも私は)楽しむのは目的ではないのです。

 

結果が出なくても楽しいからいいや、はナンパで結果が出ない人の末期症状。

結果が出なくて悔しい!が正しい姿。やっていて結果がでないと都合良く解釈しがちですが、この辺目を背けずやるべきです。

 

3.相手ではなく自分に腹を立てる

「あんだけおごったのに即れなかった。」「すごい嫌な顔をされた。」などナンパをしていれば良いことばかりではありません。しかし、逆に言えば「自分はその程度の価値しかなかった」ということです。

 

人間、少なくともナンパする女性は正直な生き物なので、価値が高ければ大事に扱ってもらえますし、価値が低ければそれ相応の扱いしかされません。

 

ここで女性に腹を立ててもしょうがありません。不特定多数と出会うナンパにおいて目の前の女性一人をしばいても、同じような女性はこれからも現れます。現実的かつ効率的なのは「自分に腹を立てること」です。

他人を変えるより自分を変える方がはるかに簡単です。

 

他人に腹を立てるのは責任転嫁です。

理想論であり、実際に自分の感じ方を変えるのは相当大変だと思います。

 

***マザー・テレサ***

思考に気をつけなさい、
それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、
それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、
それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、
それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、
それはいつか運命になるから。

***

思考に気をつけなさい、
それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、
それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、
それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、
それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、
それはいつか運命になるから。

***

 

美女をゲットするには思考レベルから変えなければならない。

 

 

上記は4ヶ月前の自分に向けて書いた文章ですw自戒の意味も込めて。








にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

あわせて読みたい

  1. 服装を克服す

    2017年1月16日23:11

  2. コンビナンパの極意

    2017年2月15日19:30

著者プロフィール

パックマン

群馬出身のストイックが売りの30歳。
人生史上最強の美人に知り合うも惨敗を喫して、一念発起、ストリートナンパ始める。
結果にコミットするナンパ講習『ナンパック』を用いて日々モテ男を世に送り出している。
【経歴】
慶應大学→大手銀行→ベンチャー→退職してナンパ師&ナンパ講師へ。

【活動】
人を面白くし、面白い人同士を引き合わせ、人生の面白さに加速度をつけることに従事。





RETURN TOP