パックマンのナンパブログ

「慣れ」は最悪な言葉である

この記事は3分で読めます

こんにちは、パックマンです。

 

慣れとは自分の課題がわからず何となくやっている効率の低い状態である。

 

例えば

・女性の言葉に対する返答が思いつかない。

・連れ出し打診、連絡先の言葉が思いつかない。

・ホテル打診が通らない。

などなど様々な障壁がナンパには立ちはだかります。つらいぜ(笑)

 

「それぞれに対して慣れだよー」っていうのは簡単なのですが、果たしてそれでいいのでしょうか。

 

成長なくしは安定なし

 

何も考えないでやっていると早晩能力の頭打ちがやってきます。

 

成長しない→面白みが減る→モチベーションが落ちる→ナンパの回数が減る→ますます結果が出なくなる。

 

という悪循環に陥ります。

 

ことナンパ業界おいても同じで

彗星の如く凄腕が登場しては消えていくのを何人も見てまいりました。

 

もちろん目標を達成、例えば理想の彼女をゲットしてナンパ業界を卒業していくのは素晴らしいことです。

(何年もさまよっている人もいますが)

 

しかしながら短期間でナンパして

「ナンパって即系しか見つからないじゃん。」

「ナンパってブスしかゲットできん。」

「そもそもナンパで即るのは都市伝説。」

などなど悲しい結末を迎えられる方も多々おります。

 

むしろそっちのが圧倒的多数でしょう。

 

なので是が非でも成長し続けなければなりません。

 

まさにウサギとカメです。

 

圧倒的に早く成果を出して頭打ちの人より

成長は遅くとも確実に成長している人の方があとで頭一つ抜けます。

 

本当に人ってよくできてるなぁと思います。

 

 

今のナンパの課題は何ですか?

 

これに即答できるようでなければなりません

 

・切り返しの語彙力

・言葉の抑揚

・深い共感

などなど課題は何でもオッケーです。

 

これが無意識レベルでできるようになるまで続けましょう。

 

継続的な関係を築くには無意識レベルできるようにならなくてはなりません。

 

多少酔っ払っていても家まで帰れますよね?

そのレベルまで意識が薄れていてもできるようになる必要があります。

 

例えば

ナンパの時だけ変身して面白いキャラに!

⬇︎

普段は根暗・・・

 

だと女性に愛想をつかされてしまうことでしょう。

 

ゆえに無意識レベルでできるまで落とし込む必要があります。

 

そのためには勉強、スポーツと同様に圧倒的反復回数を行う必要があります。

 

課題が明確になっていれば圧倒的に早く成長することができます。

 

課題の数は少なくていい

 

真面目な方に多いのですが、

アドバイスを全部実行しようとして全部中途半端になる方がおります。

 

やるべきことよりやらないことを決める方が遥かに重要です。

 

人間の時間、集中力には限りがあるのでやるべき項目が少ないほどその項目の習得時間は短くて済みます。

 

講習の経験上、2-3個の課題を少なくとも2週間以上普段の生活から意識する必要があります。

 

人間の習慣を変えるにはそれだけ時間と根気が必要です。

 

アメリカの独立に多大な貢献をしたベンジャミン・フランクリンは

13の課題を1週間ごとに取り組んでいたそうです。

(リンクを見てちょーだい!)

 

 

課題の取り組み方は受験と一緒

 

センター試験を得点率は

⑴50%→80%

⑵80%→90%

は同じ労力が必要と言われています。

 

ナンパも一緒ですべてに80%もいったら苦手な分野を鍛えるのが遥かに効率が良い。

 

例えば

ナンパの能力=ルックス✖️トーク✖️マインド✖️戦略(=場所、時間帯、ターゲット)

だと表せるとしましょう。

 

ルックスで髪型やら服装やら鍛えてある程度までいったんならトークを、

 

そしてトークも細分化してユーモアが苦手であればその部分を徹底的に鍛えればそう長くない年月で余裕で50%→80%までいくことでしょう。

 

私もそうでしたが多くの人が得意科目しかやらず、

80%の部分を90%、さらには95%、100%を目指そうとします。

 

受験と一緒で

例えばトークが多少できても見た目に清潔感がなければ

足切りを喰らってそもそも話してもらえなかったりするので注意してかかりましょう。

 

課題発見は現状認識から

 

ナンパする時の声掛け音声をあなたは録音して聞いたことがありますか?

聞いたことがある人は自分の声の気持ち悪さに驚くと思います。

(俺もそうだった)

 

ただ気持ち悪いと感じる部分を矯正すれば女性側の反応は良くなります、確実に。

 

そして声だけでも気持ち悪いと思うのですから表情や動作は尚更気持ち悪いと感じるでしょう。

(スマホ動画で撮ると有効!)

しかし、多くの人が撮るのが面倒と感じたり、見たくないからと避けてしまう傾向にあります。

 

ダイエットしているのに体重計に乗らないのと一緒です。

 

理想の姿があって現状のギャップがある。

そのギャップが課題であるのに現状を認識しないことには成長できません。

進んで自分の現状を認識しましょう。

 

動画で自分の動作、言動を撮ることは非常に効率が良い特訓方法です。

 

他人に指摘されるとムカつく方も多いと思いますが、自分で気付く分はストレスは比較的少なめです。

(ムカつくとか気にせず他人の言うこと素直に受け入れられるのがベストですが)

 

いかがだってでしょうか。

案外ナンパの能力をあげることはそう難しいことではありません。

 

これからも素敵なナンパライフを!

 

 

 


 著者プロフィール

 パックマン

群馬出身のストイックが売りの30歳。 人生史上最強の美人に知り合うも惨敗を喫して、一念発起、ストリートナンパ始める。 結果にコミットするナンパ講習『ナンパック』を用いて日々モテ男を世に送り出している。

【経歴】

慶應大学→大手銀行→ベンチャー→退職してナンパ師&ナンパ講師へ。

【活動】

人を面白くし、面白い人同士を引き合わせ、人生の面白さに加速度をつけることに従事。

パックマンのストーリーはこちら





※個人情報入力を最小限に止めるため、メールアドレスだけの登録にしています。


にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

あわせて読みたい

  1. ナンパとファッション

    2017年4月21日19:00

著者プロフィール

パックマン

群馬出身のストイックが売りの30歳。
人生史上最強の美人に知り合うも惨敗を喫して、一念発起、ストリートナンパ始める。
結果にコミットするナンパ講習『ナンパック』を用いて日々モテ男を世に送り出している。
【経歴】
慶應大学→大手銀行→ベンチャー→退職してナンパ師&ナンパ講師へ。

【活動】
人を面白くし、面白い人同士を引き合わせ、人生の面白さに加速度をつけることに従事。





RETURN TOP