パックマンのナンパブログ

ナンパで盲点になりやすい2つの視点&これからナンパを始める人へ

この記事は5分で読めます

みなさま、明けましておめでとうございます!

正月早々クラブに乗り込もうとしましたが、相方が風邪でダウン!

 

しょうがなく女の家に転がり込んで健やかな元旦を過ごした私です。

姫始めを速攻かましました。

 

 

そして2016年が終わりましたねー。あっという間でした。

私にはナンパを始めた2015年以上に激動な1年でした。

 

 

軽く列挙すると

①ナンパ講習始めて40数名の方を講習したり、
②数か月単位でスランプに陥ってメンヘラ化したり、
③絶好調すぎて俺、凄腕なんじゃね?って勘違いしたり、
④セックス講習に200万円つぎ込んだり、
⑤貯金ゼロ、健康保険入れなくしてメンタル追い込んだり、
⑥クラブナンパ始めてセルフイメージではどうにもならない世界を見たり
⑦結果出すためにナンパする場所からタクシーで730円以内の距離に引っ越したり
⑧凄腕のナンパ講習に諸費用含め100万円くらい掛けて受けてナンパの別世界を見たり
⑨私の家で乱交、3Pしたり
⑩クラナンの相方に対して泣きながら口論したり

 

と、まぁ色んなことがありました(笑)

 

語りたいことは無限にあるのですが、集約します。

 

2016年、大きな気づきは2つありました。

 

 

1.ナンパはナンパだけしているとうまくならない
2.コンビの重要性、完ソロの限界

 

 

でーす。

 

1.ナンパはナンパだけしているとうまくならない

 

相当な盲点でした。

 

ナンパある程度まで続けて実力が頭打ちになります。
こっから結果を求めると声掛け数を増やすくらいしかできなくなります。

 

(最低限の声掛け数をこなしている前提です。
→初心者は最低300声掛け/月くらい。)

 

どうすれば良いか気付きました。

 

気付いた経緯は省きますが、結論として「抽象化」にその答えはありました。

 

 

ナンパという行為を抽象化すると、
「男女のコミュニケーション」に帰着します。
そしてそれはネトナン、クラナンだろうが、職場だろうが変わりません。

 

 

男女のコミュニケーション、対女性コミュニケーションで優れていないと当然結果は出ません。

 

なのでモテ男は速攻結果出します。この辺は御納得いただけるでしょう。

 

 

なので、女性が
①見たいこと
②体験したいこと
③聞いてほしいこと
④話してほしいこと

 

に焦点を当てることです。

 

 

ナンパでよくある「ただ笑わせる”だけ”」では全く結果がついてきません。

 

そして①~④は漫然と過ごしていれば身につくものではないので自腹で知見を獲得する必要があります。

 

 

勿体無いとか言ってるといつまでも経験が積めません。

伝聞の話をしても対して感情移入もできないし、それは相手に伝わるからです。

 

 

解決策の例として

 

①見たいこと
→スポット開拓して写真を見せる
②体験したいこと
→旅行行く
③聞いてほしいこと
→恋愛関連について本読んで勉強する
④話してほしいこと
→相手のストライクゾーンの中で深い話を

 

 

以前、「トークの面白い切り返し”だけ”」で何とかしようとしていた自分が恥ずかしく感じました。

 

で、1年6ヶ月以上「笑わせるナンパ」をメインにおいてきましたが、何の未練もなく捨てました。

 

結果は笑いを捨てた方が捨てる前の2倍以上、女性のレベルも上がりました。
トーク構成の根本からいじったので改善しました。

 

考え方も変わります。

 

 

一般のナンパで一番多いパターンが①、②はどちらかというと少数派です。

①「どうやったら連れ出せるか?」みたいな感じで意気込んでると結果連れ出せません。
②「相手がどうやったら楽しんでくれるか」みたいな視点で活動すると上記より結果は出ます。
→「このフレーズで100%連れ出せる!」なんてものはありません(笑)

 

女性側の立場に立って①②どちらが一緒に過ごしてもいいと考えるかは結果は自明でしょう。

 

 

声掛けにて、すぐ連れ出し打診(「飲みに行こう!」)という方は①に該当します。
女性が打診を断っても打診し続ける場合も①に当たります。

営業で行ったら顧客の事情に関係なく商品を勧めるような行為です。

 

難しいですよねぇ。

 

2.コンビの重要性、完ソロの限界

 

これも盲点。
「完ソロ」で即ることがすげーみたいな風潮がある気がしている俺です。

 

もちろん独力で1人で声掛けして即、準即するのも良い経験だと思いますし、できるべきでしょう。

 

しかーし、ある程度実力が上がってくると合流相手も固定、てかそもそも合流しない人もいます。

 

 

そんな中でコンビナンパはクソ重要だと思う派の俺です。

 

選択肢が広がります。価値も多面体です。

 

 

例えば何もナンパがうまいだけがコンビの価値ではありません。

 

自分の短所を指摘してくれたり、
ナンパ場所から近いところに家があったり、
ルックスが良くてオープン率が良かったり
トークがうまかったりと

 

いくらでも良い点が挙げられます。

 

 

しかし、面倒なのか、コンビのストレスなのかする人の割合が低いイメージがあります。

おそらくあり程度のナンパ歴、実力になるとプライドが高くなるからでしょう。

 

完璧な人間なんていないので、自分の弱点を補完してくれる人がベストです。

 

 

私自身、活動場所は深夜の六本木ということもあり、女性は2人組以上の割合が圧倒的に多いです。
そうした中でコンビでナンパ出来る強みはやばいくらい威力を発揮します。

 

現在も
・私→ルックスいまいち、トークまぁまぁ
・相方→ルックス良い、トークやや低い
って構成で補完しまくってます。

 

例えば自分でトークが刺さらなければ相方のルックスで刺せばいい話です。
全部が全部自分一人でやっていたら効率がクソ悪かっったりしますんで。

 

そして何より「自分の足りないモノ」が見えてきます。

 

実際にコンビ相手に対する女性の反応を見ると「こういう方法もあるんだなぁ」と感心することはありますし、
「パックさん、今表情硬かったですよ。」などアドバイスをいただけることもあります。

 

コンビを面倒がる方も多いですが、自分にストレスがかかるようなことをしないと実力はつきません。

 

腹をくくって特定のパートナーと30日分くらいはコンビ組みましょう。

30日くらいやってると相手の実力、性格と傾向がわかったりします。

ぶつかることもありますが、乗り切れば強烈な信頼関係が出来上がるので是非お勧めです。

 

 

3.これからナンパを始める人へ

 

新年を迎え、「2017年はナンパするぞー!」って方も多いかと思います。

 

上記にあーだーこーだ書きましたが、まずは街に出て声掛けしてください。

おそらく地蔵しますので(笑)

 

あらゆるナンパ理論や恋愛工学も実行しなければ絵に描いた餅です。
実行して「自分に足りない部分」を見つけるのが先決かと思います。

 

学ぶ→実行
より
実行→学ぶ
方がはるかに効率が良いです。

 

周りを見渡しても準備ばかりして実行まで至らない方が圧倒的に多い。

 

 

それでも準備したい場合は
①ファッションを整えること
②ICレコーダーで音声を録音すること
③通勤・通学途中で表情のチェックをすること
④髪型を整えること
⑤肌をきれいにすること
の5つくらいです。

 

 

①ファッションを整えること
MBさんの本でも読んでください。
http://pacmanstreet.net/l/m/vdJ8nrw4vzp8aX

 

②ICレコーダーで音声を録音すること
sony製がわりとお勧め。
http://pacmanstreet.net/l/m/QQooVUMZ9R1vMQ

聞き取りやすい声を意識。

 

③通勤・通学途中で表情のチェックをすること
相手が話しやすい表情を見つけること。私も含め硬い表情の方が多い。
④髪型を整えること
今風のイケてる髪型に。
⑤肌をきれいにすること
ヒゲで肌が青いなど。どっかで脱毛するなり、伸ばして整えるかにしてください。

 

 

あとは日常生活まで落とし込むことです。

 

ナンパと日常生活を切り分けるのは意味なしゲーの上に効率が悪い。

ナンパはどんなにやっても1日数時間とかのレベルになります。
→であれば、特に平日大半の時間を過ごす職場、学校でも上記を意識した方がレベルアップははるかに早い。

 

またナンパと日常生活が全く異なるキャラになることはありません。
変身願望がある人以外は日常生活の延長線上のキャラで挑みましょう。

全く違うキャラでナンパが成功しても結局自分に自信は持てなくなります。

 

 

って感じですかね!いかがだったでしょうか。

 

 

2017年もどうぞよろしくお願いします!






あわせて読みたい

  1. fly
  2. %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-15-43-49
  3. p8190367-800x599
  4. p8190367-800x599
  5. %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-15-43-49
  6. %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-15-43-49

著者プロフィール

パックマン

群馬出身のストイックが売りの30歳。
人生史上最強の美人に知り合うも惨敗を喫して、一念発起、ストリートナンパ始める。
結果にコミットするナンパ講習『ナンパック』を用いて日々モテ男を世に送り出している。
【経歴】
慶應大学→大手銀行→ベンチャー→退職してナンパ師&ナンパ講師へ。

【活動】
人を面白くし、面白い人同士を引き合わせ、人生の面白さに加速度をつけることに従事。





RETURN TOP