パックマンのナンパブログ

これから夏ナンパの主流に!?ナイトプールナンパ事情!

この記事は5分で読めます

どもー!パックマンです。

 

みなさま、夏はいかがお過ごしでしょうか。

まさかの冷夏で夏らしいことをしていない方も多いのではないでしょうか。

 

海ナンパを思う

 

海離れ

 

マジでレジャー泣かせの2017年夏。

 

海水浴客ピークの2割 レジャー多様化、海離れ進む

日経コラムから。

 

Q.海への親しみについて

10~20代は3割弱にとどまるなど若年層ほど海への愛着が薄れており、閉鎖に追い込まれた海水浴場もある。

とのこと。

 

ということで世の中の流れ的には海へ行く人は減っているそうな。

それでも2回行った限り海ナンパのうまみは大いにありそう↗︎↗︎

 

しかし、私のように職業ナンパの人ならまだしも一般野方には海に行くのはしんどいことだろう。

 

・割と遠い

・買い出し&テント設営など手間が多い

これが原因かな。

 

 

例えば即記事を書いた由比ヶ浜。

朝10:30集合→買い出し→12:30由比ヶ浜到着。

 

といった感じ。移動だけで2時間かかる。

そしてテントを設営。これも結構手間だ。

 

テントを買ったなら海に5,6回行かないと元が取れないかもしれない。

 

確かに海離れするわけだ・・・・・。

 

 

 

それでも海は美味しい

 

が、海ナンパはしんどいのだろうか?

 

いいところもたくさんあります。

用意が大変・・・逆に言えばそれだけ行く人は少ない

競合も少ないのです。

 

男女比率でいえば、男密度が高い順に

クラブ>>ストリート>>>海

って感じなんで。

 

声掛けしても無視はほとんどないし。

来年はストリートを捨てる勢いで海へ打ち込む所存です。

 

とはいえ、海に行く大変だわー!って人に朗報です。

 

近場で楽しめる夏の風物詩・・・・それは

 

 

ナイトプール
です!どどん!

(いまさら)

 

ナイトプール

 

その勢いは凄まじい。

行ったナイトプール2箇所とも女性が80%占める狂った世界でした。

 

男性比率

クラブ>>ストリート>>>海>>>>>ナイトプール

って感じです。

 

今、ナイトプールが暑い!

これから季節ナンパの1つのジャンルになるのではないでしょうか。

 

(google trendから)

青→ナイトプール ナンパ

赤→海 ナンパ

検索量的に


2016年→2017年

ナイトプールナンパ:8→14

海ナンパ:100→83
(2016年海ナンパを100とする)

 

海ナンパの方が主流でありますが、

ナイトプールの女性の押しかけ具合をみるとナイトプールナンパへ取り組む人は多くなることでしょう。

 

ここで私が行ってきたナイトプール2つをレビューいたします。

 

■ナイトプール

・東京プリンスホテル

・お台場ウォーターパーク

の2つです。

 

 

東京プリンスホテル

 

ホテルのプールを夜に開放・・・しただけです(笑)

 

値段は男性6,000円、女性4,200円。いい値段するね。

CanCamナイトプールってことで行きました。

 

写真は品川だが、フィーバーしたので今年は更に大きい東京プリンスでやることになったんだとか。

 

営業時間は18-21時と3時間。

行ってみると明らかにInstagram(twitterの写真版みたいなSNS)を意識した会場。

 

そしてロマンチックになるよう光るボール。

男として投げて遊ばないわけにはいかない。

 

 

一緒にいった仲間とふざけて光ボールを投げあったんですが、

 

素で痛い。硬い!

 

マジで軟式野球ボールくらいの硬さがあります。

 

これをフザけて女子に投げたら号泣しかけること間違いないでしょう。

フザけて投げなくて良かった・・・・。

 

そして男女比率。男:女=1:9くらい。

ハーレム状態を実現。

 

それもそのはず、明らかに女性を意識した作りとなってます。

(男はナンパしなかったら退屈かも)

 

しかし、即る場所はなくて良くてLINE交換がいいとこ。

→プール終わったあとに会うor後日アポるくらいでしょう。

 

プール内で即るのはかなり至難の技です。

てか捕まるんじゃないかな。

 

 

 

お台場ウォーターパーク

 

週末の値段は男女ともに2,700円。

※前売り券は200円引きの2,500円。

※平日は2,500円、前売り券は2,300円。

 

動画はこんな感じですが、人口密度はこの3倍はいました。

 

 

女性のコインロッカーは全部埋まるほどの盛況ぶり!

会場は広く、東京プリンスホテルの軽く5倍の大きさ。人数は10倍くらいいました。

 

東京プリンスホテルを経験した我々のテンションは終始上げ気味。

クラブミュージックも流れており、素で楽しゅうございました。

 

 

敷地面積が広く、出店もあるため会話を楽しむスペースは十分確保されております。

 

なんつーか要はクラブです。

簡単に言うと渋谷ATOMの人口密度を半分した感じです。

 

で、プール内はそれなりに人口密度が高いのでプールの中で即るのは相当に難しい!てか無理。

直近だとプールに入れないレベルの密集具合とのこと。

 

■トーク

Instagramに載せたい女性が多いので、

基本的には「写真撮ってあげるー!」で十分です。

会話の突破口にしましょう。

 

非日常感を味わいに来ている女性なので基本的にはアッパーなテンションでオッケー。

我々はウィスキーをキメて乗り込みました。

 

もちろんニーズ次第ですが、

深いトークかかましていんですがInstagramに似つかわしくない雰囲気を醸し出してしまうのではないでしょうか。

 

 

■実際のナンパ

ナイトプールの概要をざっくり話しましたが、正直一番美味しいのは出待ちでしょう。

プール→男女別の更衣室がある以上、ある程度の女性がこちら側に興味を抱かないと中々難しい。

 

至った結論、プール会場から出てくる人へ声掛けしてそのまま連れ出すがベストです。

俺自身、東京プリンスではプールを出て落ち着いたところでLINE交換してました。

 

 

 

 

大学生講習生2人がコンビになってナンパしてもらいました。

ナイトプールが18-21時ということで、着いたのは20時30分すぎ。

 

狙い通り、終了時刻を見据えて出てくる人がちらほらいました。

すかさず声掛けする講習生。何組か声掛け→当然無視はありません。

 

俺らの他にもナンパする人は・・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いたかもしれませんが、圧倒的多数の女性のため見かけませんでした。

(連れ出してしまったのかも)

 

そして何より驚くのはその女性の見た目レベルです。

instagramに水着姿をアップするくらいなので、みな体型は整っており、全体的なスト値(見た目のレベル)は高かったように思います。

渋谷のストリートの3倍は可愛い女の比率が高い。

 

 

そんなおいしいナイトプールもだんだんと終わりかけているので、早めに駆け込みましょう。

 

あの圧倒的女性比率なら今行っても良い思いができるはずだ!

 

 


 著者プロフィール

 パックマン

群馬出身のストイックが売りの30歳。 人生史上最強の美人に知り合うも惨敗を喫して、一念発起、ストリートナンパ始める。 結果にコミットするナンパ講習『ナンパック』を用いて日々モテ男を世に送り出している。

【経歴】

慶應大学→大手銀行→ベンチャー→退職してナンパ師&ナンパ講師へ。

【活動】

人を面白くし、面白い人同士を引き合わせ、人生の面白さに加速度をつけることに従事。

パックマンのストーリーはこちら





※個人情報入力を最小限に止めるため、メールアドレスだけの登録にしています。


にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

あわせて読みたい

著者プロフィール

パックマン

群馬出身のストイックが売りの30歳。
人生史上最強の美人に知り合うも惨敗を喫して、一念発起、ストリートナンパ始める。
結果にコミットするナンパ講習『ナンパック』を用いて日々モテ男を世に送り出している。
【経歴】
慶應大学→大手銀行→ベンチャー→退職してナンパ師&ナンパ講師へ。

【活動】
人を面白くし、面白い人同士を引き合わせ、人生の面白さに加速度をつけることに従事。





RETURN TOP